ジャレッド・メルのサーフィンはどこまでも自由なスタイル

ジャレッド・メルのサーフィンはどこまでも自由なスタイル

自由という言葉がまさにぴったりなサーファーのジャレッド・メルを紹介します。

Jared Mellってどんなサーファー?

ジャレッド・メル
Jared Mell

名前:Jared Mell ジャレッド メル(ジャレド メル)
生年月日:1987年10月19日
ホームタウン:ニューポート・ビーチ / カリフォルニア
現居住地:バリ / インドネシア
スポンサー: Vans, Dano Surfboards, Hotbox Vapors
スタンス:レギュラースタンス
Instagram: https://www.instagram.com/bangbangboogie/

ロングボードやミッドレングスを中心に活躍するサーファーです。
サーフィン以外にもサーフボードを削るシェイパーであり、DJであり、モデルもやっている多才な人物です。

Jared Mellの魅力は個性あふれるサーフスタイル

Jared Mell & The Art of Steeze

初めてジャレッド・メルのサーフィンを見たときに僕は衝撃を受けました。
一言で表すととても「自由」なスタイルでサーフボードを操ります。

それまではロングボードといえば、緩やかな波に合わせてボードの上を前後にウォーキングしながらロングライドし、その中でノーズライドやハングテン、ハングファイブなどの技をするものと思っていました。
もちろんそのとおりなのですが、ジャレッド・メルのサーフィンは枠にとらわれない自由なスタイルでした。

衝撃を受けたのは上の動画の1:04あたりから、波に乗ると後ろを向きポーズを決めながらチューブに入ったのです。
今までに見たことのないアクションを目の当たりにしてロングボードに対する視界がひらけました。
サーファーとしてボードの上で自由に表現するとはこういうことなんだ、と。

ジャレッド・メルはロングボードという大きくて重いボードをいとも簡単に操り、しなやかに波を乗りこなし、時には力強く波を乗り切ります。

0:05からではスムーズに波のチューブを走り、崩れてきた波にも負けず力強く乗りこなします。

1:17からでは大きくマニューバーを描いたあとノーズライドに移ります。
そして後ろを向いてウォーキングでテールに戻り通常スタンスとは逆のグーフィーになり、そうかと思ったらパッとレギュラースタンスに戻ります。

まさに自由な発想で自分らしいサーフィンを楽しむ個性あふれるサーファーなのです。

Jared Mellらしいファッションもスタイルの一つ

僕は波乗りをしてるときのジャレッド・メルのファッションも好きです。
肩肘はらずに近所を散歩してるかのような格好で華麗に波に乗っています。

まさに自由なのです。
勝手な私感ですが『サーファーらしさ』なんて気にしていないのではないかと思います。

これもジャレッド・メルのスタイルで魅力の一つだと感じます。
なんというかカッコつけないカッコよさは本当に憧れます。

ちなみにCrap Eyewearというサングラスブランドのモデルもしています。
個性的なデザインが多いです。それにしてもジャレッド・メル似合いますねぇ。

Forbidden

まとめ

全てにおいて個性みなぎる自由なサーファーのジャレッド・メル。
まさにフリーサーフィンで自分の好きなようにサーフィンを楽しんでいる姿が多くのサーファーを魅了しているのだと思います。

いつの日か僕も波の上で自分らしさを自由に表現できるサーフィンをしてみたいです。精進します。

たまに日本にも訪れてサーフィンしたり、遊んだりしてるみたいですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

ジャレッドメル目指してCrap Eyewearのサングラスで海へGO!

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました