サーフィン日記 (2020.1.29) [22回目]

サーフィン

海情報

場所 :青島
10:15 in – 12:45 out
中潮 下げ8分〜下げ3分
快晴 気温 14度 水温 21度
ウェット:3mmフル
回数:始めてから22回目のサーフィン
パーティー:ソロ活動
使用ボード:9.6ft ロングボード

事前目標

  • テイクオフ時に目線を上げる、行く先を見る(ボードを見てしまうのを気をつける)
  • できればボトムターンにトライ
  • テイクオフで立った際に屈伸の状態くらい重心を下げる

感想・反省点など

2020.1.29の青島の海
午前10時頃の波の様子

波が少し大きかったがゲットアウトは割としやすかった。
序盤は波が乗りづらく周りのサーファーも乗りづらそうな様子だった。波待ちのポジションが悪かったと思う。(人混みを避けたポジション狙いは毎度のこと)
中盤からさらに波が大きくなり乗りやすくなってきた。
サイズアップの波に揉まれまくったが、後半ではテンポよく数本気持ちよく乗れた。こういう時間帯は本当に楽しい。

切り立つ波にテイクオフした際に立ってすぐにノーズが刺さってしまう事が何度かあった。後ろ重心が解決策なんだろう。ボードを横に向けることができればいいのだろうか。そこまでの余裕は正直なく新たな課題。

自分にしてはロングライドが多くできた。
狙ってたわけではないのに最後の1本でなんちゃってチーターファイブもどきができて収穫。重心を低くして走る経験ができた。

やはり前に歩いてから後ろに下がるのが課題。ノーズが沈んで終わることが何度かあり、下がれていればもう少し乗れていたと思う。

大きめの波でボトムに降りてから体重をかけてボトムターンもどきができた。その後は続かなかったが、今までは体重をかけても曲がれずに倒れこんでしまってたので少し前進か。

「終わりよければ全て良し」とはよく言ったもので、ラスト1時間くらいが調子いい感じで海から上がったので満足度は高いサーフィンでした。笑

今後の課題

  • 波に乗れない時間が続くと焦ってしまうのを気をつける。良くない波に手を出しがち。
  • 焦りからパドリングが雑になることがあるのを気をつける
  • 足のスタンス幅を狭くして走ってみる

その他

波に乗ったときにあまりコントロールができていなかった。ちょうど進む先にサーファーが見えた瞬間に転びボードがその人の方向に飛んでいった。
水面から出た際にまだ近くにいたので「大丈夫ですか」と声をかけたら「大丈夫です」との返事で少しホッとしたが、重いロングボードがあの勢いで顔に直撃したらと思うと少し怖くなった。
もちろん自分の身は自分で守らなければならないが、上達してトラブルを回避できるようにならないと。この経験を忘れずに精進しよう。

冬のサーフィンには水タンクでお湯を持っていくと天国!一人なら10LでOK!

持ち手がついてるタンクがオススメ

タンクカバーで保温すれば2ラウンド目もバッチリ

サーフィン日記
ブログランキングに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いします。
 にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ 

surf or notのフォローをお願いします
サーフィンブログ -Surf or not-

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました