[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ

[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ

はじめに

サーフボードの持ち運びはケースがあると便利だけどソフトケース(ニットケース)とハードケースがあるよね。
GLASSYのソフトケースの商品紹介とレビューをしていくよ。

サーフボードの持ち運びはハードケースとソフトケース(ニットケース)がありますが、皆さんはどちらを使っていますか。
車で移動する方はソフトケースの方も多いと思います、電車などの方はハードケースが多いですかね。
私は基本「一つでオールマイティーに使える」という理由からハードケース派ですが、今回ソフトケースをいただき使ってみたら思ってたより調子良かったです

今回はGLASSYが出しているフィッシュ向けのサーフボード用ソフトケース「GLASSY グラッシーサーフボード用ソフトケース」をいただいたので商品紹介とレビューしていきたいと思います。

この記事を読めば「GLASSYのサーフボード用ソフトケース」の特徴とあなたの欲しいものかどうかがわかります。

それでは張り切っていきましょう。

アイテム詳細

[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ

アイテム:ショートボード・ファンボード用ソフトケース
ブランド:GLASSY(グラッシー)
カラー:ネイビーxグリーン
商品名:GLASSY グラッシー サーフボード ボードケース ソフトケース 裏地付き ショートボード用

GLASSY サーフボードソフトケースの特徴

[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ

「GLASSY サーフボード用ソフトケース」はサーフボードを入れるソフトケースです。
サーフボードを持ち運ぶ際はケースにいれます、ソフトケースは出し入れが非常に簡単でさっとサーフボードを入れてすぐに出かけることができます
フィンを付けたままでも入るので助かります、特にオンフィンだと外せないですしね。

ソフトケースはハードケースと比べると手軽で金額が安く、畳んだときにコンパクトなのが最大のメリット、代わりにハードケースと比べクッション性が低いのでサーフボードを守ってくれる役目に関しては劣ります

GLASSY サーフボードソフトケースのメリット
・サーフボードの出し入れが手軽
・車内がワックスや砂の汚れから守れる
・フィンを付けたままでもOK
・金額がハードケースに比べ安い
・畳んだとき非常にコンパクト

「GLASSY サーフボード用ソフトケース」レビュー

それでは「GLASSY サーフボード用ソフトケース」各所の写真を見ながらレビューしたいと思います。

[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
サンディエゴフィッシュなどのノーズから幅が広いファンボード用
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
ノーズから一気に幅広のデザイン
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
かなり大きくジッパーで開くのでサーフボードの出し入れがしやすい
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
ジッパーのエンドあたりにベルクロがついている
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
テール側はヒモで絞れる
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
内側は裏地がついてて水やヨゴレに強い
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
ノーズ付近はまさにサンディエゴフィッシュのためといえるデザイン

[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
サンディエゴフィッシュのノーズがドンピシャで収まります
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
フィンをつけたまましまえるのがGOOD
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
しまったらヒモを引いて口を閉じれる
[レビュー]サンディエゴフィッシュ用サーフボードソフトケースはGLASSYがコスパ最強でオススメ
ヒモでケースを縛るといい感じに収まります

ジッパーで大きくオープンできるのでサーフボードの出し入れしやすく使いやすいです。
内側がナイロン素材の裏地になっていて水や汚れに強いのもいいです。
あとはフィンを付けたままでOKなのもポイント高いです。
私のサンディエゴフィッシュもミニシモンズもオンフィンなので、フィンを付けたままでは使えないサーフボードケースだと選択から外れます。

ちなみに写真のサーフボードは長さが5’10で、まだ余裕はあるのでもう少し長さがあるサーフボードでも入ります
どうやら6’0〜6’2くらいまで入るように設計しているそう、サーフボードの形(とくにノーズ)にもよると思いますので検討の際は注意してください。

実際に使ってみた感想

[レビュー]音が聞こえる耳栓 ear suitsを買ってみた

実際に使ってみた感想を記していきたいと思います。

結論から先にいうととにかく使いやすく、使わないときには畳めてコンパクトになるのでしまうのにも便利です。
私感ですがGLASSYのソフトケースが向いてる方と向いていない方を比較するので参考にしてください。

GLASSY サーフボード用ソフトケースが向いてる方

サンディエゴフィッシュやミニシモンズなど、いわゆるオルタナ系の幅広サーフボード・ファンボード用のソフトケースを探している方にオススメです。
デザインもシンプルでコスパ重視の方には超オススメです。

フィッシュなど幅広オルタナ系のソフトケースを探している方
サーフボードの出し入れがしやすいソフトケースを探している方
コスパ重視でサーフボードケース探してる方
シンプルなデザインのソフトケースが好きな方

GLASSY サーフボード用ソフトケースが向いていない方

強度やブランドネームを重視したい方は他のソフトケースを検討するのがいいかもしれません。

サーフボードを守ってくれる強度のあるサーフボードケースを探している方
ブランドロゴなどが大きく入っているデザインが好きな方
柄物のソフトケースが好きな方
ニット素材のソフトケースが好きな方

まとめ

レビューのまとめ

フィッシュやミニシモンズなどのオルタナ系サーフボードにも使えるサーフボードのソフトケース「GLASSY サーフボード用ソフトケース」のレビュー記事でした。

サンディエゴフィッシュやミニシモンズなどのオルタナティブ系サーフボード用にコスパのいいソフトケースをお探しの方にオススメできる商品です。
ソフトケースですが作りはしっかりしてるので保管にもいいですし。

最初に書いたとおりで私は基本ハードケース派ですが、車にサーフボードを2本積みたいときや家での保管時などにソフトケースも1つ持ってて全然ありだと思います。
ハードケースに比べてコンパクトに畳めるのは非常に魅力的です。使ってないときのハードケースはとにかくかさばりますからね。

もしオルタナ系のサーフボード用にソフトケースをお探しならば一度検討してみても損はありません。
GLASSY サーフボード用ソフトケース」がご自身に合った使い方ができるか検討するのに、このレビュー記事が少しでも参考になれば幸いです。

サンディエゴフィッシュ用にハードケースをお探しならこちらの記事もぜひご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします