人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

はじめに

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

海から上がって着替えるときに足に砂がついて車内が砂だらけになっちゃう

今回はこのような疑問をお持ちの初心者サーファーの悩みを解決できる記事になっています。

サーフィンの便利なモノとして『人工芝マット』があります。
この記事では私が人工芝マットを使った着替えで足に砂がつきにくい方法をご紹介します。

それでは張り切っていきましょう。

着替えで足が汚れて面倒くさい

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

海から上がって着替えてると足に砂がついて車の中が砂だらけになるよね

そうそう濡れてる足には砂がついて意外と取れづらいし、熱されたコンクリの上で裸足も地味にキツいよね

どうにかならないかな

人工芝マットが便利だからオススメするよ

人工芝マットがあると便利な理由

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

人工芝マットってなんぞや?って方が多いハズですね。
人工芝ジョイントや、人工芝タイル、などという名称だったりもします。
上の写真のような人工芝が20~30cm四方になったような商品で、通常はコレを好きなだけつなげて庭やデッキなどの地面を芝風にするためのものです。

なぜ人工芝タイルがサーフィン後の着替えに便利なのかのポイントですが
・小さくて柔らかいから持ち運びが楽
・水に強い素材

・水キレがいい
・芝風なので裸足で乗って気持ちいい

んで、なんで人工芝マットが着替えに便利なの?ですよね。
では着替え時の人工芝マットの使い方をご説明しますので、見ていただければ一目瞭然です!

人工芝マットの着替え時の使い方

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

では早速に人工芝マットの着替え時の使い方です。
もう写真を見てもらえばわかっちゃうと思いますが、そう敷いて乗って着替えるだけです。笑

この上でポリタンクの水を自分にシャバシャバぁっとかけながら着替えれば足に砂が付きづらいのです。
そして使い終わったら、ポリタンクの残った水でジャバジャバぁっと人工芝マットを流して裏についた汚れをとって、その後に手に持ってシャッと振ると水気がだいぶ取れます。
あとはサーフィンバケツに放り込めば車内も汚れずに着替え完了です。

色々な人工芝タイルがありますが選ぶポイントは
・水はけのいいモノ(メッシュ系がいい)
・気持ちいい感触の芝がオススメ
・大きすぎず、小さすぎず、自分が乗って着替えるのにいいサイズ感(20~25cm四方くらいはあるといい)

どうですか、イメージ湧いたでしょうか。

まとめ

人工芝は着替えが超絶楽になるサーフィン便利アイテム

『人工芝マットを使った着替えが便利になるワザ』をご紹介しましたがいかがでしたか。

別になくても困ることはありませんが、あると結構便利なんです。
サーフィンバケツに入ってウェットを脱いだりする人もいますね。
あれも便利ですが、バケツの底が汚れると車内に入れるときに気になる人もいますね。

サーフィンでなくてもレジャーで子供と海や川などに行ったときも結構重宝します。
決して高いものでもないのに、地面に使うものなので耐久性もバッチリです。

100均でも人工芝売ってるところありますね。機能は十分果たします。
もう少し奮発してホームセンターで買うと芝の感触が良いのがあります。
雑貨屋さんなんかに緑色じゃないのとか売ってないですかね、オシャレかも。笑

芝じゃなくて、木や陶器タイルのマットも同じように使えそうかも。
でもやっぱり芝が柔らかいし持ち運びや耐久性でもベスト解だと思っています。

人工芝で快適に着替えてサーフィンライフをグレードアップしましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました