買う?借りる?サーフィン始める時にサーフボードを用意する4つの方法

買う?借りる?サーフィンを始める時にサーフボードどうする4つの方法

はじめに

サーフィンの初心者向けにロングボードをしに海に行くときに必要なものを解説していきます。

ロングボードをこれから始めてみたい方や始めたばかりの初心者サーファー向けの記事になります。

サーフィンをするために最低限必要なモノの1つ目は『ロングボード(サーフボード)』です

いきなり結論になってしまったので、どうやって用意するかを交えて解説していきます。

それでは張り切っていきましょう。

ロングボードが必要だけど

ロングボードを持ってるサーファー

ロングボードをするなら当たり前ですがロングボードが必要です。笑

でも始めると言っていきなりロングボードを買うのはなぁ~

そりゃそうですよね。ロングボードは大きいし、安くないし…
そもそも楽しいかもわからないのにいきなり買うのは躊躇しますよね。

でもロングボードやってみたいなぁ

わかりました。
ではロングボードを始めたい人がロングボードの用意はどうしたらいいか、私の体験も含めて考えていきたいと思います。

ロングボードをどうやって用意するか

まずロングボードをどうやって用意したらいいかを考えます。

一般的に考えられる方法は以下の通り

  • ロングボードをやってる友人に借りる
  • サーフィン体験スクールに申し込む
  • サーフショップでレンタルする
  • 思い切ってロングボードを買っちゃう

ロングボードをやってる友人に借りる

サーフィン仲間

なにげに最有力候補の1つです。まさに私はこれでした。

メリット
友人なので気楽
連れて行ってもらえる可能性大
教えてもらえる可能性もある

デメリット
ロングボードを傷つけたり壊してしまうと気まずい

仲がいい友人なら気軽でしょうし何より楽しいです。

サーフィン仲間が増えるのも嬉しいでしょうから快く連れて行ってくれると思います。

誘って欲しいオーラを全開にしてサーフィン話を聞いてみましょう

サーフィン体験スクールに申し込む

サーフィン体験スクール

こちらも最有力候補の1つです。

メリット
プロに教えてもらえるので安全安心
スクールがほとんど用意してくれる
他の初心者と一緒に体験できる

デメリット
スクール代金がかかる
内気な人だと知らない人と一緒にやることになる

何より教えるプロがついてくれてるので安全安心です。

他の初心者と一緒に習うので気楽でしょう。

それにコーチしてくれる方はだいたいローカルで顔が知られてる方なのも大きい。(←なにげに重要)

数人でスクールを受けることになるので人見知りな方は我慢が必要です。

サーフショップでレンタルする

サーフショップとビートル

サーフショップでレンタルしてくれるところもあります。

メリット
色々なサーフボードが試せる
店員に聞きながらボードを選べる(初心者向けのボードを借りれる)

デメリット
自分で運ぶ手段を考える必要がある

ロングボードに限らずショートボードと様々なサーフボードが試せる可能性があります。

どのロングボードが自分に向いてるかわからないので店員さんにアドバイスをもらえるのもいいですね。

そういう意味では色々なボードを使えるのは大きなメリットです。

海の近くのショップならサーフィン前に借りていくのがベストでしょう。

ショップが街中の場合はロングボードだとどうやって運ぶかが問題になるかも。

キャリアが車についてないと厳しいですね。

思い切ってロングボードを買っちゃう

サーフボードとワーゲンバス

一般的にはナシが多数派でしょうが、私としては割とアリです。

やはり買ってしまえば後に引けないのがメリット(?)かと。笑

いわゆる背水の陣というやつです。

もちろん中古でいいと思います。
財布やご家族と相談して問題なければ新品でももちろんOKです。

私は最初の2回は友人に借りましたが、相談もせずに自分で探して買いました。(←ハマると無鉄砲な性分なんです

サーフボードは値段で良し悪しはあまりなく、やってみないと自分にどんな板が合うかわからないですし、調べた所で初心者じゃよくわからないです。

何も考えずに思い切って欲しいを理由にロングボードを買って始めてみるのは、ある意味上達の近道でもあると思います。

ショップで相談して買うのも一つの手です。
仕入先などの関係もあり、商売でもあるので、人によっては向き不向きがあると思います。

ちなみに私はジモティーというサイトで探して譲ってもらいました。
https://jmty.jp/

まとめ

サーフボードと車

サーフィンに行くのに必要なモノの基本編としてロングボードについて考えてみました

当たり前すぎる話ではありますが、いざロングボードをやってみたいけどボードの用意をどうするか問題にぶち当たります

簡単ではありませんが選択肢は色々あります

やってみたいという気持ちが冷めないうちに自分に合う方法で用意してサーフィンにトライしましょう。

私みたいに割といきなり買ってみるのも一つの手です。
夏に数回やるだけならレンタルやスクールもアリでしょう、メンテナンスや管理の手間がないです。

ロングボードを買うとなったら探すのも楽しみの一つです。

ロングボードの代わりにキャッチサーフというソフトボードを選択肢に入れる方も多いようですよ。
新品でも比較的安く、軽いので持ち運びが楽なのも人気の理由のようです。

ボードが柔らかくぶつかっても怪我せず、浮力があるので初心者でも楽しみやすいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

ソフトボードは初心者に安全で人気!それにキャッチサーフはオシャレ!
Amazon CAPTCHA

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました