サーフィン初心者がまずパドリングの前に覚えたいロングボードの寝そべり方まとめ

サーフィン初心者がまずパドリングの前に覚えたいロングボードの寝そべり方まとめ

はじめに

サーフボードとサーファー

ロングボードをこれから始めたい方や始めたばかりのロングボード初心者向けの内容です。

海でロングボードに寝そべるとバランス崩して落ちちゃうんだけど、どうしたらうまくボードに寝そべるコツが知りたいな

サーフィンは波に乗ってサーフボードに立つスポーツですが、まずはサーフボードに寝そべってパドリングで前に進むことを習得しないと始まりません

ロングボードに寝そべるだけでしょ 。簡単っしょ!?

水の上でやってみるとロングボード初心者にとっては寝そべるだけでも意外とこれが簡単じゃなかったりするよ

今回はパドリングなどロングボード上で動くことは考えずに、ロングボード上での寝そべり方だけを考えていきます

これを読めばあなたもロングボードでバランスを取るための基礎や目安がわかって上手に寝そべることができるようになります。

それでは張り切っていきましょう。

どこに乗る?ロングボード初心者が知りたいボード上の寝そべり方 – サーフボードのバランス編

バランスのいいキッズサーファー

まずはロングボード初心者のために『ロングボードのバランス』のコツを解説していきます。

ロングボードに上手に寝そべるためにはロングボード自体の左右と前後のバランスにうまく合わせて乗る必要があります。

ロングボードのバランスを理解することでロングボードのどこに寝そべるのがいいのかがわかります

  • ボードの左右の中心に体の真ん中をあわせてまっすぐ寝そべる
  • ボードの前後のバランスが取れる中心を見つけて、みぞおちらへんを中心に合わせる

以下の記事で詳しく解説しています。

もう海に落ちない!ロングボード初心者が知りたい寝そべり方 − 自分のバランス編

ビーチにフィッシュサーフボード

ロングボードのバランスが分かって、ロングボードのどこに寝そべるのがいいのか分かったら、次はロングボードの上で「自分のバランスのとり方」を解説します。

結論からいうと、お腹から太ももにかけてサーフボードに密着させて寝そべります

逆に言うと胸や膝より下などはべったりつけないのです。

これを理解すれば意識して寝そべるので波がある日でも自分の姿勢を調整することでロングボードから落ちずに寝そべることができるようになります。

以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

キレイなビーチ

ロングボードは浮力があるので寝そべるのは比較的簡単です。

しかし海は波があり平坦ではないので波や風が強い日はしっかりとバランスを調整することでロングボードから落ちずにサーフィンに集中できます

逆にバランスが上手に取れないとパドリングや波に乗るのに集中することができません

理解して練習すれば簡単ですぐに上達できます

ロングボードでバランスが取れた寝そべり方をマスターすれば、その後のパドリングやテイクオフにも役立ちます

楽しく海の上でロングボードに寝そべることができるように頑張りましょう!

今後もロングボードでの寝そべり方のコツと練習方法を随時解説し、このまとめ記事は更新していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

バランス強化には体幹バランスのトレーニングもオススメ

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました