ロングボード初心者がテイクオフできない5つの理由

初心者がテイクオフできない5つの理由

はじめに

初心者がテイクオフできない5つの理由

ロングボードを始めたばかりのロングボード初心者向けの内容です。

テイクオフのコツを予習して、海に通ってるけどうまくテイクオフできない

ロングボード初心者でテイクオフのコツを予習して海に向かっても、なかなかテイクオフが簡単にできなくて悩んでいる方もいると思います。

テイクオフするためのコツや練習などを記事にしてきましたが、今回は視点を変えて初心者のありがちな悪い点について考えていきたいと思います。

これを読めばロングボード初心者がテイクオフできない要点がわかって、サーフィンを改善して波に乗ってテイクオフができる一歩に繋がります。

それでは張り切っていきましょう。

コツが分かってもなかなかテイクオフできない

テイクオフのコツをたくさん読んで、海に通ってるけどやっぱりテイクオフがうまくいかない…

そうだよね、コツや練習を重ねてもテイクオフは簡単じゃないよね。
もちろん初心者は全部が初めてだからできなくて当たり前だから落ち込まなくて大丈夫だよ。その日の波にもよるしね。

でもやっぱりたくさんテイクオフできるようになりたいな。

そしたら今回はロングボード初心者がテイクオフできない理由を考えてみて、それを改善することでテイクオフできるようになろう

ロングボード初心者がテイクオフできない理由

初心者がテイクオフできない5つの理由

ロングボード初心者でテイクオフのコツを予習して海に向かっても、なかなかテイクオフが簡単にできなくて悩む方もいると思います。

テイクオフができないロングボード初心者は大きく分けて以下のポイントができていない人が多いのではないかと考えます。
(私もできないことについては自分への戒めにもなります)

・陸で練習していない
・波を見ていない
・一心不乱がむしゃらにパドリング
・重心のかけ方
・次の動作をイメージしていない

大きなテーマとしてはテイクオフ成功までの動作がイメージできているか、そして成功までの動きを陸で練習して海で再現できるか

それでは一つ一つ解説していきます。

陸で練習していない

初心者がテイクオフできない5つの理由

人間は基本は陸上で生活する生き物です。
サーフィンは海に入って行いますが、そもそも陸でできない動きをいきなり海でやるのは非常に難しいと考えます。

テイクオフまでの一連の動作を陸で練習しましたか?
「陸でもスケボーで練習しろ!ジムに通って筋トレだ!」などという難しい話ではなく、例えば『前日にテイクオフ動画を見ながら真似してみる』『海に入る前に砂浜でテイクオフの動きを練習してから海に入る』

テイクオフがなかなかうまくできない方は、とりあえずロングボードを抱えて海に入ってから考えたり・実践している人が意外と多いのではないかと思います。

ぜひとも、まずは陸でテイクオフの一連の動きができる、もしくはイメージできるくらいやってみましょう

陸でたくさんイメージと練習をしよう

波を見ていない

ロングボード初心者がテイクオフでの重心のコツは胸で波を捕まえる

初心者なのでどの波に乗ればいいかわからないのは当然ですが、どの波でもうまくテイクオフできるわけではありません。
教えてくれてる方に言われたままにテイクオフしてみるのもいいですが、自分でも波を見ましょう

また乗る波を決めてパドリングを始めてからも波をできるだけ見ましょう
簡単ではありませんし波を見てもよくわからないと思いますがサーフィンは波に乗るので波はとても重要です。

失敗しても、成功しても、どういった波で自分は成功(失敗)したのかを一つ一つ確認しながら積み重ねるだけで上達スピードは格段に上がると思います。

わからなくてもいいから波をよく見よう

一心不乱がむしゃらにパドリングしている

初心者がテイクオフできない5つの理由

前項の波を見ていないにも通じるところがありますが、テイクオフがうまくいかない方は波が来ると一心不乱がむしゃらにパドリングをしている人がいます。

もちろん初心者は頑張ってパドリングするのは大事ですが、パドリングをがむしゃらにするだけで精一杯だと頭真っ白になりますし、バランスもブレブレでなかなかうまく進みませ
波も見れませんし、波に乗れても次の動作の余裕もなくなります

少し落ち着いてパドリングすることで波に合わせると言う気持ちを持ちましょう。
最初はできなくてもいいので意識するだけで全然違います。

落ち着いて波に合わせてパドリングする

重心のかけ方を意識していない

ロングボード初心者がテイクオフでの重心のコツは胸で波を捕まえる

前項のがむしゃらパドリングにも通じるところがありますが、波に合わせるために重心移動も大事です。

ロングボード初心者が何も考えずに一生懸命パドリングして重心が気にできないと、せっかくのいい波でも波に置いていかれてしまいます

前項の『波を見る』『落ち着いてパドリング』と併せて波に合わせた重心を取ることで波を捕まえることができます。

重心のコツは「真ん中」→「前」→「後ろ~真ん中」です。
パドリングだけに頼らずに重心をうまくとって、波の力を利用して胸で波を捕まえましょう。

重心をうまく使って胸で波を捕まえる

次の動作をイメージしていない

初心者がテイクオフできない5つの理由

前項まで全て重要ではありますが『イメージ』もとても重要です。
各動作を行っているときに次の動作をイメージできていますか。

「波が来たらパドリング」→「波に合わせて重心を取る」→「波が押してくれたらタイミングで立ってテイクオフ」
これがテイクオフの大きな動作の流れですが、常に次の動作が取れるようイメージできてると体が動いてくれます。

やはり次の動作がイメージできていないとどんどんテンポが遅れてしまいテイクオフさせてくれません。
もちろん簡単ではありませんが、まずはイメージできているだけでほんの少しずつ動作が早くなってきてテイクオフの成功に近づけます。

次の動作をイメージしながら各動作を行う

まとめ

初心者がテイクオフできない5つの理由

ロングボードでのテイクオフできない悪い点について考えてみましたがいかがでしたか。

できない点という少しネガティブで厳しい視点での解説になりましたが決して難しく考えないでください。
上手なサーファーでも転びますし失敗します。
なので失敗することで落ち込むのではなく、少しずつの成功を積み重ねることで体が覚えて、すんなりとテイクオフができるようになっていきます

頭ではわかっていても全然うまくいかない時も多々あります。
トライ&エラーを繰り返して自分なりの動作を覚えていくしかないですが、まずは陸で練習し、成功までをイメージして、後は海で波と楽しくサーフィンするだけです。
そうすれば波が良くてタイミングが合うと嘘のようにすんなりテイクオフできちゃったりは全然あります

かくいう私もまだまだテイクオフを絶賛練習中ですし、テイクオフ後の挑戦していることは落ち着けないため次の動作を考える余裕もないままアタフタして毎回転んでます。笑
でも色々試して自分の中で成功のイメージをし、成功の体験を目指し、少しでも成功すればそれを体が覚えることで余裕が生まれてきます。

楽しみながらトライしてコツを掴んで気持ちよくテイクオフを目指しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Hope you good surf !!

このブログの中の人
surf_or_not

中年になった40からサーフィンを始めて、楽しく波にコテンパンにされてます。
ロングボードから始めてショートにも手を出す無謀をしつつも楽しく乗りこなすべく週1中年サーファーとして奮闘中。
怪我せず、楽しく、健康に!をモットーに。
思ったことや考えてることを備忘として綴っていきます。
同じ初心者サーファーの役に立てれば幸いです。

surf or notのフォローをお願いします
タイトルとURLをコピーしました